睡眠と身長の関係。小学生の睡眠時間の成長期への影響

身長と睡眠の関係!小学生の睡眠時間は成長期に影響を与える!

 

小学生の睡眠の質は、成長に大きく影響を与えます。
今の小学生は、夜遅くまで起きていることに抵抗を感じる子供が少ないです、

 

塾通い、習い事で遅くなるのは当たり前です。
さらに、スマホの普及、パソコンを使いこなしていたりします。
もちろん、昔の用のテレビゲームに熱中する子もたくさんいます。

 

そのために、睡眠時間に影響が出て、睡眠不足だけでなく、授業中の集中力にも影響を与え、小学生の成長、小学校時代の学力に影響を与えてしまうのです。

 

そして、身長への影響は大きく、睡眠不足のための睡眠の質が悪くなることで、成長期の期間に影響を与えているのです。

 

その結果、成長期が早く終わってしまうために、身長の伸びがストップして高身長を実現できなくなってしまっているのです。

身長と睡眠の関係

 

小学生の身長と睡眠は、とても強い関係があります。
小学生の睡眠時間は10時間以上は確保したいところです。
10時間以上の睡眠時間を確保することで、睡眠の質は高まり、成長ホルモンの分泌が活発になっていきます。
成長ホルモンは、体の細胞分裂を促し、骨の成長とともに身長が伸びるのです。
だから、睡眠はとても大切。
睡眠の質を高めるには、あなたのサポートがとても重要なんです。

 

 

身長と骨の関係を紹介!

 

睡眠の質を高めるための環境づくり

 

睡眠の質を高めるためにあなたがしなければならない環境づくりは、睡眠環境を整えること。
子供は寝ている間にコップ一杯分の汗を掻くので、この汗を効果的に吸収できるパジャマ、布団を準備してあげること。
それらをいつも清潔に保ち、布団は定期的に天日干しにしておくようにしてください。

 

また、夜遅くまで起きている子供が早く寝られるような環境づくりも大切です。

 

暗くなり始めたら、部屋の中を暗くし、橙の照明にすると、メラトニンの分泌で自然と眠くなることができます。
そして、夜になったらスマホ、パソコン、ゲームをさせない、テレビを見せないなどの対策が必要になります。

 

さらに、重要なことは、規則正しい生活習慣を整えること。早寝早起き、3食しっかり食べさせること、栄養面でバランスの良い食事を心がけさせること、そして、日中に外に出て元気に遊ばせることが大切です。

 

規則正しい生活をして日中元気に遊んでくれると、暗くなり始めることで自然と眠くなり、睡眠の質が高まります。

 

毎日、塾、習い事があって夜遅くなってしまう子供もいるかもしれません。
塾、習い事のない日は、早めに寝かしつけるようにすることが身長を伸ばすうえで大事です。

質の高い睡眠の効果は?

 

質の高い睡眠の効果は、成長ホルモンの分泌を促し身長を伸ばしやすくすることにあります。
しかし、それだけではありません。

 

質の高い睡眠が得られる生活習慣を持続していると、睡眠ホルモンであるメラトニンの 分泌が高い状態を保つことができるようになります。

 

メラトニンの身長へ与える影響は、思春期と関係しているのです。
思春期が訪れると、骨の成長のカギを握る骨端線がなくなってしまいます。
骨が成長しなくなるので、身長が伸びなくなるのです。

 

メラトニンは、性ホルモンの働きを抑える働きがあり、思春期の到来を遅らせることができるんです。

 

思春期が遅れてくるのなら、思春期がくるまで骨端線が存在して、骨の成長が継続します。

 

多くの人が、男子で17歳から18歳で、女子で、14歳から15歳で身長が止まりますが、この時期を数年遅らせることができれば、さらに身長を伸ばすことが可能なんです。

 

高身長国との比較

 

世界一平均身長の高い国は、オランダです。
男性は184センチ、女性は171センチ。どちらも日本人の平均身長よりも10センチ以上高いです。

 

日本人の生活様式は欧米化していて、身長も戦後から10センチ以上伸びていますが、それでも、世界の高身長国と比べて10センチ以上の差があるのです。

 

その違いを決定づけている違いが、睡眠時間なのです。

 

日本人はもともと睡眠時間を削る生活を強いている人が多いこともありますが、子供でもその傾向があるんです。
子供の睡眠時間を調査した研究によると、10時間以上睡眠時間を確保している子供の割合は、欧米人の子供の場合には、日本人の3倍。逆に8時間未満の子供の割合は、日本人が欧米人の子供の32倍。

 

これだけの情報でも、日本人の子供の睡眠時間がかなり少ないことが分かります。

 

また、思春期の到来時期も、男女ともに、欧米人に比べ、1年以上も早いのです。

 

実は、日本人の子供の身長は、14歳くらいまでは、欧米の子供と変わりがないのです。
しかし、その後、身長差がどんどんできて、大人になったときには、10センチ以上の差になってしまうのです。

 

つまり、小学生時代からの睡眠時間の影響が思春期に影響し、成長期の期間に影響を与えるのです。

 

小学生の身長を伸ばすためには?

 

以上より、睡眠が小学生が身長を伸ばすのにとても大切なことが分かりましたね。

 

よく寝ることは、小学生時代の身長だけでなく、中学生高校生となっていく過程で、どれだけ身長を伸ばしていけるかに大きく影響していきます。

 

小学生の時に身長が高かったとしても、睡眠時間をしっかり確保できていないと、思春期が早く来てしまい成長がストップしてしまうことになってしまいます。

 

大人になったときの身長を高身長にするためには、小学生時代に質の高い睡眠時間を確保していることがとても重要な要因なのです。

 

小学生時代の睡眠は、成長期に影響を与えるのです。