世界一の高身長国のオランダ人が良く食べている食べ物は、じゃがいも、ニシン、チーズが良く知られます。
主食がじゃがいもで、いつも食卓に上がる食べ物です。

 

タンパク質、カルシウムなどはニシン、牛乳よりも栄養価の高いチーズもよく食べられていることもあり、身長を伸ばす栄養素としてはばっちりですね。

 

これらの食べ物を参考に、毎日の食事に取り入れてみましょう。

 

高身長国オランダの主食は?

 

高身長国であるオランダ人の主食は、じゃがいもです。オランダではどこに行ってもじゃがいもが主食として食べられます。
じゃがいもは、ミネラル分、ビタミン類が豊富なイモ類。
日本人の米よりも栄養価が高く、栄養面で身長を伸ばすサポートが期待できます。

 

また、ニシンやチーズが良く食べられています。
ニシンはカルシウム&タンパク質の摂取のために、骨ごと食べられるのでおすすめ。
日本人なら、煮干しやシシャモなどを食べる感じですね。

 

オランダが輸出国であるくらいチーズが豊富にあるので、お手軽で牛乳よりも栄養価が高いため、チーズで高栄養素を摂取できているのです。

 

また、オランダでは、水が硬水です。
ミネラルが豊富です。

 

日本が軟水であることからも、水の影響も身長へ影響があるのかもしれませんね。

 

栄養面だけでも、これだけ高身長になるために良い条件が整っているのです。
あなたが子供の身長を伸ばすためにも、このオランダで良く食べられているものを、食事に取り入れてみても良いですね。

 

日本で身長を伸ばすために工夫するなら?

 

オランダの食事を日本でそのまま取り入れることはできますよね。

 

まず、じゃがいも。

 

普段の食事でじゃがいもを食べるとしたら、カレーライス、肉じゃが、ポテトサラダ、フライドポテトなどではないでしょうか。

 

その中でどれだけじゃがいもを食べているのか思い出してみると、実際には、あまり食べていないことが理解できますよね。

 

私は、高身長国ではじゃがいもが食べられているということを知ってからじゃがいもを子供に食べさせる機会を増やしましたが、以前は、上の食事を作る頻度も多くなかったので、食べる量が少ない部類の食べ物でした。

 

今では、チーズも取り入れ、じゃがいもとチーズを組み合わせて食事を作るようになってきました。
子供の身長を伸ばすことができる食事を普段の食事に取り入れれば、自然と子供の成長をサポートできます。

 

また、タンパク質、カルシウム摂取として、煮干しや、シシャモ、イワシなど、骨ごと食べられる小魚を良く食べさせるようになりましたね。

 

昔からよく、骨ごと魚を食べると身長が伸びるというように、私も効果的だと思っています。
牛乳は、消化されにくいので良くありませんが、魚は消化されます。

 

小魚だと、ちょっとしたふりかけに使ってみたり、キノコと油でいためたりしても、キノコに含まれるビタミンDで、カルシウムの吸収効率が上がるのでおすすめです。

 

普段の食事でも材料に気を付ければ割と身長を伸ばすことが期待できる栄養素を摂取できるのでおすすめです。

 

小学生の身長を伸ばすには?

 

というわけで、小学生の身長を伸ばすために、高身長国のオランダの食事を取り入れるとしたら、じゃがいも、チーズ、小魚を普段の食事やおやつに取り入れることが効果的なのが分かりました。

 

普段の食事はあなたが工夫すればよく、おやつに、プロセスチーズや小魚、煮干しを食べさせるようにしたら、ばっちりですよね。
子供は、ちょっと小腹が減ったときに冷蔵庫を開けて、チーズや小魚を食べています。
前は、お菓子を買っていたため、お菓子ばかり食べていました。
今は、プロセスチーズと小魚を買っておいて、うまく誘導できてきましたね。

 

こんな具合に、子供が食べやすく、おやつ代わりに食べられるものを買っておくといいと思います。

 

また、より効率的に小学生の身長を伸ばすには、科学的の効果が期待できるものを導入してみることです。
統計調査により、アルギニンの摂取が小学生の身長を伸ばすのに重要なことが分かりました。
アルギニンは普通に食事で食べても、あまり量を摂取することはできません。
肉や豆類、乳製品に含まれますが、これらはカロリーが高く食べ過ぎると太ってしまうのです。

 

効率よくアルギニンを摂取できるのは、身長サプリを飲むことです。

 

こちらに小学生の身長を伸ばす方法をまとめているので参考にしてみてくださいね。

 

小学生の身長を伸ばす方法はコチラ