子供の身長が伸びてきてくれないと心配になってくるのが遺伝ではないのかということだと思います。
子供は親の遺伝子を受け継ぐので、遺伝による影響があるのではないかと考えがちになります。
しかし、最新の研究によると、身長の遺伝による影響はほとんどないことが分かりました。

 

遺伝による影響は25%程度です。
75%が、生まれてからの環境に依存するのです。

 

身長と遺伝の関係は?

 

子供の身長の伸びが気になったときに遺伝についてどの程度影響があるのか知りたくなると思いますが、身長の遺伝に対する影響は25%程度です。
学力は、40%程度。

 

プロスポーツ選手、オリンピックに出るような人の才能は、遺伝の影響が強いと考えることができます。
しかし、そんな人でも、小さなころから正しい環境が与えられなければ才能が開花することがないといわれます。

 

身長の遺伝の影響は、そうした才能ではありません。
そして、環境の影響が75%もあり、適切な環境さえ与えられれば、高身長を得る可能性は高いのです。

 

身長が遺伝では決まらない理由は?

 

日本人の平均身長を調べてみると、時代によって平均身長が変化していることを知ることができると思います。

 

平均身長が一番低かった時代は江戸時代。
よく比較されるのが、戦後と、現代の平均身長。
10センチ以上現代の平均身長が高いのです。

 

同じ日本人の遺伝子を持っていても、現代の生活の方が10センチ以上高くなるのです。

 

その他にも、生まれてからまったく異なった環境で育てられた一卵性双生児の子供が大人になったときに体格の差や身長の差が大きかった例など調べればどんどん出てきます。

 

ほぼ同じ遺伝子を持つ兄弟なのに、身長差が10センチ以上ある兄弟は普通にいます。

 

ほぼ同じ経験をして育ってきた双子ならともかく、兄弟間の身長差を見ていけば、遺伝はあまり身長の伸びには影響していないことが実感できると思います。

 

遺伝以外で身長に与える要因は?

 

遺伝以外で身長に与える影響が強い要因は、栄養素、睡眠、運動です。

 

栄養面で、特に影響が強いことが分かった栄養素は、アルギニンとタンパク質です。
タンパク質もアルギニンも肉類、魚類、豆類、乳製品などから摂取することができます。
これらを毎日食べることで、身長の伸びが大きくなることが、科学的な統計調査によって判明したのです。

 

睡眠は、睡眠中に成長ホルモンが分泌して浸透が伸びるという効果と、睡眠ホルモンが性ホルモンの働きを抑えて成長期を伸ばす効果が得られることから、高身長を伸ばすために大切な要因なのです。
質の高い睡眠を、小さなころから実践できることで、身長が伸びる環境を継続することができるのです。

 

運動は、体の代謝を上げ細胞分裂がしやすい状態になることができます。特に、骨への刺激は骨の細胞分裂のためには必須。成長期はジャンプ運動などの適切な運動で骨に刺激を与え続けることがとても重要なのです。

 

これら「栄養」「睡眠」「運動」の3つの要因に気を付けて毎日生活を送ることで、ぐんぐん身長を伸ばすことに繋がるのです。

 

さいごに

 

身長を伸ばすには、遺伝の要素以外の栄養、運動、睡眠が大きな役割を果たします。
沈査な頃から身長を伸ばすのに良い生活習慣を取り入れることができれば、成長期の期間も伸ばすことに繋がり、高身長を得られる可能性が高まります。

 

また、身長を伸ばすには、シッカリとした栄養素をバランスよくとることが望ましいです。
そのため、正しい身長サプリを選んで毎日飲み続けることがとっても重要になってくるのです。